FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでも試してみるべき:VAD ソロ(公平PT)

1.5倍ですよー。ということで、本気モードの某人からお誘いいただいてVADのソロ公平PTへ。
しかし実は私、活身弾型なので雷光ないのよ!
いやまさかお座りするわけにも行きません。ということで1P余っていたのを曝気に。これで爆気散弾のLv.4ですよ!
 
PT:123Sura
Pla:VAD

037_20110915010732.jpg

あらキリが良いStr・・・と見せかけて実はクラハのStr1で補正してあるのでホントは1足りてませんよ。
この装備でフィアーとボス系以外は1確になります。
相変わらずブレスIA、反と潜龍、MMRMPは込みですよ。ここでは火コンバも使ってありますね。

盾のアンダーニース(地属性に与ダメ+5%)が無くなっても確殺じゃなくなるんだけど、ココ盾脱衣があるのでひやひや。喰らった時は大人しく残ったMobに旋風腿か身弾連射です。

爆気はクセの強いスキルなのでなかなか使いこなすのが難しいです。
具体的にはSP150と大量消費に加えてCTが10秒もあるというもの。

なので基本的に10秒索敵&Mobまとめ→爆気→索敵→・・・となります。

極端に他Mobより足が遅いキャタピラが経験値美味しいこの狩り場、連発できない爆気で狩るには寄ってくれるのを待つしかありません。そこで役に立つのが旋風腿。詠唱妨害されてしまうデメリットはあるものの、ほぼ確実にスタン効果が望めます。実は即時発動の地雷振(Lv.2)は範囲が旋風腿と一緒なので互換性あるのかと思いきや、攻撃力はほぼ一緒ながら地雷振は気孔を1つ消費という残念さ。爆気の威力は気孔の数に著しく左右されるので15個でないと確殺に全然届かなくなってしまいます。また、数発使ってみたところ、スタン率もあまり芳しいものではないようで、どちらかというとハイドクロークをあぶれるスキルといった意味合いが強いのかしら(ルアフじゃダメなのかという話ではあるけど)。

CT10秒なので1発ミスするだけでもかなりの痛手です。スタブで吹っ飛ばされるのは困るので毎回残影使って壁寄せしてあります。

もーちょっと慣れればアイコンと睨めっこしながら撃たなくても体感で攻撃出来るようになるかしら。

閑話休題。今回辻支援のつもりで活をしたら「確殺が変わってしまうからやめてくれ」との注意を受けてしまいました。
043_20110915012035.jpg
活の説明文がコレ。Atk関連は特に記載ないのだけれども・・・。まあ、書いてないのも多いしね。スキル仕様把握してなかったのは恥ずかしい、ということで軽く検証。

screenverdandi040_20110915012130.jpg

素手&MPなのでダメは固定です。上記は点穴ナシの場合

次、点穴活

screenverdandi041.jpg

おまけ、点穴反
screenverdandi042_20110915012250.jpg

ということで、私自身で試したところでは活でのAtk変動はなしという結果に。
でもPTMとか他人にかけるとBS系のARみたいに効果落ちるスキルもあるしにゃー。ちゃんと聞いておけば良かった・・・と思ったら、そうか、反かけてたら活消えるじゃないという当たり前のコトにこれ検証してて気づきました。
なるほど、それならホント申し訳ないわ・・・。反は使う人のStrで威力が上下してしまうのでStr低めの私じゃかけ直しても確殺届かなかったでしょうし。
やーん。活はデメリットないものと思い込んでたのがちょっと恥ずかしいわねコレ!

うん、点穴系の辻支援は今後止めておこう・・・。

Comments


« »

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Lughwell

Author:Lughwell
ラグナロクオンラインLifサーバ在住

最近のトラックバック
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。